読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

raisinpanの日記

読んだ本とか、思ったこととか。

【読んだ】米中もし戦わば

【読んだ】

 この間読んだ、「暗闘」に、この本からの引用がかなりあったのが気になり、さらにレビューも非常に高評価だったので、早いとこ読んでおきたいと思ったのですが、レビューの星の数は極めて妥当だと思います。素晴らしい1冊です。

米中もし戦わば

米中もし戦わば

 

 

遠くない将来、アメリカと中国との間に戦争が勃発する可能性はあるのか、あるとすれば何が原因になるのか、日本を含む周辺国はどういう状況におかれるのか、戦争にならないために各国が取り組んでいること・取り組むべきこととは何か... 様々な論点が丁寧に論じられています。約400ページにも渡る著作で、内容も内容ですから決して易しいはずはないのですが、非常に読みやすいです。各章が5ページくらいとコンパクトにまとめられ、その最初にその章の話題に関連する数択の問題が出されます。この問題文と選択肢、その正誤がその章の要約のようになっており、本文でその詳細を説明していくというスタイルが、読む側にとって非常に消化しやすくなっています。プレゼンや出版の予定がある方は、このフォーマットから学べることは多いと思います。

 

この本は是非手元に置いて、国際情勢の変化に応じて読み返し、背景や現状の理解、今後の展望を考えるのに役立てたいと思います。

 

 

 

まあ、でもいずれにしても日本はアメリカ側に付かざるを得ないだろうなあと思いますね。中国側についた場合には常に太平洋上が不穏になるでしょうし、中国側から見て地理的に先鋒、鉄砲玉的ポジションにならざるを得ないでしょう。本書でも指摘されますが尖閣や沖縄は持っていかれるリスクが極めて高くなります。中国は模倣やハッキングは長けていて、効率的に国力を向上させてきたけれども、模倣する大元はアメリカにあることが多く、結局は後手を踏むことになると思います。また、英語は国際標準語としての地位を確立しており、中国語がそれに取って代わる可能性は残念ながらないでしょう。文字が多すぎて多くの外国人に学ばせるには難しすぎるし、コンピュータープログラミングに漢字なんか使えないでしょう... 結局は国際的なコミュニケーションにおいて英語圏諸国が一番有利であるというアドバンテージは極めて大きいと思います。