読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

raisinpanの日記

読んだ本とか、思ったこととか。

【読んだ】なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

 さおだけ屋みたいなタイトルの付け方で、内容とタイトルの乖離が酷いです。

”この本はアメリカとイギリスではタイトルが違っていて、イギリス版はThe Art of the Sale、アメリカ版はLife's a pitchとなっている。日本語にすると前者は「営業の技法」後者は「人生は売り込みだ」というニュアンスだ。” (巻末の解説より)

 

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

 

 同じ言語圏でタイトルが違うってどゆこと?という疑問はさておき、営業の手法、重要性を解説した本書のタイトルとして、英語版の2つのタイトルはテイストの違いはかなりあるけどもそれぞれに本文の内容を捉えていると思いますが、なんですかこの日本語版のタイトルは。こういう風にすると売れるんですかねえ。実際買っちゃってるわけだし。読む側、買う側のリテラシーが問われてますなあ...