読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

raisinpanの日記

読んだ本とか、思ったこととか。

【読んだ】権力の終焉

 

権力の終焉

権力の終焉

 

 

近代の社会構造・権力構造の変化をまとめ、考察した本でございます。

 

「過度に集中した権力は危険だが、過度に分散し希釈された権力もまた、

 無秩序と無政府状態をもたらすために同じくらい危険である。」

Brexit問題を見たあとの我々には、非常に重くのしかかる言葉です。

著書の中で権力の分散具合と社会的活力を示した逆U字型曲線が出てきますが、

上手く中庸というか、高いところに持っていけるよう、考えていかなければなりません。

 

もう一つBrexit絡みで言うと、

「イギリスの政治システムはきわめて安定している。」なんて表記が出てきます。

英語版が2013年、日本語訳が2015年刊行ですので、こうなるとは当然分からないわけですが、

今となっては「何を言うとんねん」と言う他ありません。

 

 

 

世界的に何か大きな出来事がある度に読み返して、答え合わせと言うか、

「あー、今回のこれはこういう流れから来てるものなのねー」とか、

確認しながら読むとまた楽しめると思います。